• 安心の企業用ファイル共有サービス【SureAx(シュアックス)】好評提供中です。
LaIT プライベートイーサ

LaIT プライベートイーサの特長

LaIT プライベートイーサのしくみと特長をご紹介します。

LaIT プライベートイーサ サービスのしくみ

LaIT プライベートイーサでは、お客様の拠点に設置されるサービスアダプタ間で、L2TPv3プロトコルによるイーサネットVPNIIJバックボーン上に形成し、サービスアダプタ拠点間の、LAN(イーサネット)通信を中継しています。LAN間に発生するお客様トラフィックは、サービスアダプタ間でIPsec/AESで暗号化され、安全に保護されます。

サービスアダプタには複雑な設定が施されますが、IIJ特許であるSMFv2技術により、これらの設定はすべてセンターシステムで自動的に生成し、サービスアダプタが自動的に取得することで、お客様は全く意識することなく、つなぐだけでイーサネットVPNをご利用いただくことができます。

LaIT プライベートイーサ サービスのしくみ

更に、LaIT プライベートイーサでは、お客様専用のコントロールパネルをご用意しています。SMFv2技術によってサービスアダプタから送られるトラフィックを始めとする様々な情報や、サービスアダプタの死活状況を専用のユーザインタフェースを通していつでも確認することができます。

LaIT プライベートイーサ サービスの特長

高速・低価格ブロードバンドアクセス回線を利用

アクセス回線には、フレッツ光ネクストやBフレッツの光回線が利用できます。

プロトコルフリー

LaIT プライベートイーサは、自由度の高いレイヤー2ネットワークサービスです。
IPだけではなくIPv6、IPX、SNA、DECnet、AppleTalkなどイーサネット上のさまざまなプロトコルを混在させて使うことが可能です。

フルメッシュVPN構成

サービスアダプタ間で形成されるL2TPv3によるイーサネットVPNは、フルメッシュ型のVPNです。

フルメッシュVPN

※拠点間の通信は任意の拠点での折り返し通信です。

VLANフレームの透過も可能

IEEE802.1Q準拠の機器をサービスアダプタに接続することで、お客様独自のVLAN付きフレームを透過可能です。

VLANフレーム

トラフィックモニタや障害通知機能を標準でご提供

コントロールパネル(ご契約者専用の設定ページ)で、サービスアダプタの状態やトラフィックの状態を確認できます。また、障害時や障害復旧時にはシステムから自動的にメールで通知されます。

LaIT プライベートイーサ コントロールパネルで設定できる主な項目

トップページに設定項目のメニューが表示されています。 各サービスアダプタの接続状況を確認できます。
コントロールパネルトップページ サービスアダプタの接続状況
監視通知先メールアドレスの設定ができます。 各サービスアダプタのトラフィック量を確認できます。
監視通知先メールアドレスの設定 トラフィックグラフ

SMFによるサービスアダプタの完全コントロール

論理イーサネットを実現するLaIT プライベートイーササービスアダプタはSMFv2によって完全にコントロールされています。
設定等すべてセンタシステムが保存し、アダプタには一切の情報を残さず、またアダプタはセンタシステム以外からは一切のアクセスを受け付けません。また、サービスアダプタは自動接続、自動メンテナンス。故障をしても交換を行うだけで、復旧します。

SMFによるサービスアダプタの完全コントロール

高品質サービスアダプタ(SEIL/X1)

お客様拠点にはそれぞれSMFv2に対応したIIJ独自開発機器をレンタルでご提供いたします。わずか1枚のセットアップガイドでどなたでも簡単に接続いただけます。

高品質サービスアダプタ(SEIL/X1)

サービスアダプタが故障した場合でも、安心

利用中のサービスアダプタが万一故障してしまったとしても、お客様拠点へサービスドライバーが駆け付け、すぐにサービスアダプタの交換を実施、通信が回復します。

サービスアダプタが故障しても安心

プライバシーマーク
ISMS

IS 512641 / ISO 27001

認証登録範囲については、
ロゴをクリックしてご確認ください。